地震大国に嬉しいニュース|予知が可能になる

天災の一つとして

災害

地震はいつ来るか予測が出来ないものでしたが、最近では化学の進歩によってある程度の予測が出来る時代になっています。スマートフォンのアプリや、インターネット上のサイトなどでも確認出来ますから、定期的に確認しておくのが良いでしょう。

けっして不可能ではない

グラフ

中国では成功例も

世界でも有数の地震多発国として日本は知られていますが、近年では東日本大震災で国民だけでなく世界も震撼させました。現在では、これまでの経験則から地震予知について国内外で高い関心が寄せられています。もし、大地震が来ることが数日前でも良いから予知する事が出来れば、多くの人々の命を守る事が出来るようになります。たとえば、1975年に中国で発生した海域地震では、動物の異常行動や地下水の変動などがあった為、住民100万人を非難させた結果、被害を最小限に出来たという報告例があります。この中国の予知の例は極めて珍しいものですが、けっして予知が不可能ではないという事が証明されました。現在も世界では予知研究が盛んに行われております。

三要素を高い精度で予測

地震を予知するという定義は、起こる時、場所、規模の三つの要素を高い精度にて予測する事をさします。たとえば、「一週間以内に関東北部でマグニチュード8クラス」の、地震が起こるというように予測しなければいけません。現状では、このような精度で予測する事は非常に難しいとされています。予知は、地質学的な現象と地質学以外の現象をキャッチする事で可能といわれており、これらは総じて地震前駆現象と呼んでいます。大地震発生前の電磁的、物理的、化学的な現象をとらえることによって、まもなく大規模な地震が起こることを予知する事が可能といわれています。日本においては、まだ予知が成功したことはありませんが、東海地震で始めての予知が成功するか注目を集めています。

歴史の中にヒントあり

グラフ

相模トラフのプレート境界で発生する関東地震は、南海トラフの巨大地震に比べると資料が少なく予測は難しいところがあります。しかし、歴史資料や地形に残された痕跡からある程度は再来する周期が予測されています。

揺れに備えるには

地図

地震情報を提供しているのは気象庁で、緊急地震速報など予報に近いサービスも提供していますが、いずれも地震が発生したあとのことであり事前に何らかの対応を行えるものではありません。一方でさまざまな観測データを元に予報をしている民間業者もあります。

Copyright© 2017 地震大国に嬉しいニュース|予知が可能になる All Rights Reserved.