地震大国に嬉しいニュース|予知が可能になる

  1. ホーム
  2. 揺れに備えるには

揺れに備えるには

地図

国による制度

地震が多い日本においては国による予報の制度が整っています。気象庁が提供しているものとしては緊急地震速報があり、その中にも予報と警報の2種類があります。予報は地震が発生したさいにすぐに発せられるもので、第一報は2から3秒後、第二報は5秒から10秒後、最終報は30秒から60秒後に発せられるものです。一方で警報は5から10秒後に発せられるもので特に大きな地震の場合には特別警報に位置づけられます。いずれも発表される場合には緊急地震速報という形で発表されます。一般的にテレビやラジオなどで知ることができるのはある程度、地震が来る確率が高い情報のみで、すべての地震に対して発せられるものではありませんが、揺れの情報そのものは予報として提供されています。

民間業者を使うメリット

地震に関する情報は気象庁の他にも大学の研究室や民間業者でも行っています。気象庁のものでは、地震発生後にいち早く情報を伝えるというのが目的なのに対して、民間業者の場合には新たな方法で収集した情報をもとに予報しているところもあります。それらを利用するメリットとしては、発生する前の可能性を知ることができるということで、大きな揺れが来るかもしれないといった情報を手に入れることができるということです。ただ精度に関してはあくまでも予測の範囲内であり、過去の地震発生においた現象を再び観測するというもので、それほど高いものではありませんが、気象庁が提供する以外の情報を手に入れるのには有益なサービスといえます。

Copyright© 2017 地震大国に嬉しいニュース|予知が可能になる All Rights Reserved.